とえっくらじお ON AIR お試し配信中

カウンセリング・ワークショップ

受付中

  • おとな(大学生以上)
  • 11月と3月

一方的な講義だけではなく、参加メンバー、スタッフもともに学びあいます。

健やかな育ちを支援する「聴く」という行為をたくさんの方に体験してほしいと思っています。

人との関わり方を見つめたい、カウンセリングを学びたい、自分の取り扱いを知りたい…色々な切り口で多様な方たちにご参加いただいています。少人数でじっくりと一人ひとりの方の声を丁寧にききあいます。エンカウンターグループを基軸として、いろいろなプロセスワークやサイコドラマ、ゲシュタルトセラピー・・・などを展開します。その中で、自分に気づき、その取り扱い方のヒントがうまれてくるような場になればいいなと思っています。TOECならではの手作りと遊びに満ちた雰囲気の中で、自分を知るという最高のレクリエーションを楽しみましょう。

  • 日程
    2020.11月20日(金)~23(月祝)3泊4日
    ※次回は、2021.3月11日(木)~14日(日)も予定
  • 場所
    伊勢はんク(阿南市柳島町高川原6番地)
  • 対象
    おとな(大学生以上)
  • 定員
    12名
  • 費用
    49,500円 ※学割(2,000円引き)あり
  • 担当
    スタッフ
    伊勢達郎ほか

ばぁんさんからの遺言 ネガティブ・ケイパビリティ

カウンセラーとして精神科医として、又、その知見を活かして学び育ちあう場を開いていた通称ばぁん(六浦裕美)さんが他界されました。
六浦基氏と出会い、師事し、教職を辞して、医学部を受験。特待生で合格し、大学院を経て博士課程まで修了。その間、カウンセリングの修練と実践に努め、師であり、夫であった亡き六浦氏の後を継いで、ヒューマンセンターも再開させました。有言実行。まさに鉄の意志の人でした。一方、生き辛さやナイーブさも抱えていて、それがカウンセリングへの情熱の源にもなっていたように思います。

僕同様、5年前にガンが発覚して、これまた強い意志でそれと向きあい、自分を律し、暮らし方や生き方を進化させていました。それを伝え聴くたびに、僕自身の凝りなさ、さっぱり悟ってなさに、トホホとなっていたものです。

近年、彼女の書いたエッセーの中で「ネガティブ・ケイパビリティ」という言葉を知りました。
答えの出ない事態に対し、早急な結論や過激な意見に飛びつかず、急がず焦らず耐えるチカラのことを言うそうです。
ばぁんさんのネガティブ・ケイパビリティにまつわるエピソードや解説は進行するガンとどう生きるかという、まさに答えの出ない事態に対峙し続けているだけに、温かみと重みにあふれていました。彼女の過激な生き様を知っているだけに、その内的成熟やたどり着いた境地は僕に強い感動を与えました。

今にして思うと、それは今般の新型コロナ禍を予知した彼女からの遺言メッセージだったように思います。
加えて言うなら結論を急いだり、過激な意見にとらわれがちになり、思考停止になってしまう風潮は加速度的に増えているように思えます。
コロナ禍への対応のみならず、生きる上で直面する悩みや課題は、実は大半が答えのでない事態と言えると思います。しかもそのことの重要性や深刻さはきわめて個人的で一般化できないことばかりです。

仕事のこと、将来のこと、夫婦を含め男女関係や失恋のこと、親子、特に成育歴上の出来事等々…。
どうしたらいいのか答えの糸口でもと、焦りもするし分かりやすい強い意見にすがったり、飛びついたり。そして厄介なのはこのネガティブ・ケイパビリティの考え方すら「焦らないことやね」とか「耐える力が大事ってこと」等と、その表面をマニュアル的にとらえてしまいがちという落とし穴があると言うことです。
これでは本末転倒。急いで、焦って、焦らないことにする!という何だかややこしい自己矛盾の笑話(ジョーク)となってしまいます。
そこで、ワークショップです。今こそ、ワークショップです。3泊4日少人数でゆっくりと進めていきましょう。
社会が大きく動き、より本質に触れる大切さ問われています。

このワークショップの4日間は、単にカウンセリングのスキルを学んだり、悩みや問題の答えを提供する場ではありません。自分と出会い、他者と出会う。また、他者を通して、自分を見つめる。エンカウンターグループやプロセスワーク、サイコドラマやゲシュタルトセラピー…トエックならではの手づくりの遊びに満ちたムードの中、メンバーのニーズとイセタツロウの直感でデザインされていく場は、涙と笑いの人生劇場。
深刻じゃないけど真剣に、重くないけど深ぁく。「今、ここ」を生ききって、共にワークしていきましょう。

ワークショップ世話人 伊勢達郎(NPO法人自然スクールTOEC代表)

ご一緒するスタッフより

  • 伊勢達郎(トエック代表 カウンセラー)

    伊勢達郎(トエック代表 カウンセラー

    TOEC代表。徳島県阿南市出身。
    学生時代よりカウンセリング・キャンプを学び、(財)青少年野外活動総合センター指導部(当時)を経て、1985年「自然スクールTOEC」を設立。個人やグループのカウンセリング及び、沖縄無人島キャンプなど、たくさんのフリーキャンプ(自由なキャンプ)を展開。90年「TOEC幼児フリースクール(ようちえん)」、98年「TOEC自由な学校(小学校)」を設立。社会に新しい学校のスタイルを発信・提案している。大学や看護学校の非常勤講師なども務める。

    深刻じゃないけど、真剣に。重くないけど深ぁく。涙と笑いの人生劇場。がっちり、カウンセリングでカウンセリングを学びあいましょう!

    続きを読む

よくある質問