自由な学校のごはん

育てて、食べる、命のサイクル

自由な学校の昼食は、TOEC農園の野菜をふんだんに取りいれた和食中心の田舎料理です。 野菜をそだてている農園は、子どもたちの毎日の遊びのフィールド。畑のなかでどろんこになったり、鬼ごっこをしたり、時には農業全般において関わります。 たのしい遊びがいっぱいつまった大好きな場所です。 手間をかけて汗を流して育てられた野菜たちを、美味しく食べる。その繰り返しのなかで、子どもたちは「命をいただく」というサイクルを自然と学んでいきます。 毎日の昼食タイムは、もっともシンプルでもっとも大切な「食育」の時間です。

大切にしていること

  • それぞれのペースで「いただきます」

    それぞれのペースで「いただきます」

    自由な学校の昼食タイムは11:30~14:30。それぞれが自分の食べたいタイミングでやってきます。思いっきり遊びに集中して、一区切りしたら昼ごはん。食べたいときにゆっくり食べるから、美味しさもひとしおです。

  • 和食を中心とした田舎料理

    和食を中心とした田舎料理

    採れたての手作り野菜をふんだんにつかった田舎料理で、子どもたちの健やかな身体をつくります。薄味を基本とした味付けで、調味料も天然素材のものを使用しています。素材をまるごと味わうお昼ごはんが子どもたちは大好きです。時には自分たちで、献立を考えて料理を提供することも。海や川へ出かけた時は、そこで釣った魚や採った貝などが食卓に上がることもしばしばです。

  • 人と器のあたたかみを感じながら

    人と器のあたたかみを感じながら

    調理のお手伝いも自由にできます。目の前で調理するスタッフの心づかいと調理のプロセス(音や匂い)、手順全部を感じることができます。和食の文化で温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、プラスチックのお皿は使わずに、陶器の器と木のお箸で食事をいただきます。あたたかい雰囲気のなかで、リラックスして食べる、懐かしい大家族の食卓風景があります。

  • おやつも自然のものを

    おやつも自然のものを

    TOEC農園の果物を中心に、ニボシや焼きいもなど、自然のおやつをいただきます。農園の果実や野菜などを使ったおやつ作りをすることも。いつでも飲める飲み物として、TOEC農園自家製の阿波晩茶を用意しています。

※アレルギー対応について

アレルギーをお持ちのお子さんへの対応も行っていますので、お気軽にご相談ください。